2022年11月24日

WM2022

もはやWM毎に更新されるブログとなっているわけですが。
過去のWM記事読み返して見ましたけど、悲しいです。
ドイツ好きなんだもん。
ドイツ好きになってもう20年以上たつのですよ。
ロシア大会で、「最後に勝つのはドイツだよね……?」を打ち砕かれ、次こそは!で挑んだカタール大会。初戦の相手は日本。もう、こんなことになり複雑な微妙な気持ち。同じグループじゃなきゃ良かったな。
交代枠が5になると、やはり全然ちがいますよね。半分変わるんだもん。
次のスペイン戦どうなるか。
勝つのは結局何だかんだでドイツです!というオーラを取り戻してほしい。
【関連する記事】
posted by まつこ at 21:51| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WM2022

もはやWM毎に更新されるブログとなっているわけですが。
過去のWM記事読み返して見ましたけど、悲しいです。
ドイツ好きなんだもん。
ドイツ好きになってもう20年以上たつのですよ。
ロシア大会で、「最後に勝つのはドイツだよね……?」を打ち砕かれ、次こそは!で挑んだカタール大会。初戦の相手は日本。もう、こんなことになり複雑な微妙な気持ち。同じグループじゃなきゃ良かったな。
交代枠が5になると、やはり全然ちがいますよね。半分変わるんだもん。
次のスペイン戦どうなるか。
勝つのは結局何だかんだでドイツです!というオーラを取り戻してほしい。
posted by まつこ at 21:51| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WM2022

もはやWM毎に更新されるブログとなっているわけですが。
過去のWM記事読み返して見ましたけど、悲しいです。
ドイツ好きなんだもん。
ドイツ好きになってもう20年以上たつのですよ。
ロシア大会で、「最後に勝つのはドイツだよね……?」を打ち砕かれ、次こそは!で挑んだカタール大会。初戦の相手は日本。もう、こんなことになり複雑な微妙な気持ち。同じグループじゃなきゃ良かったな。
交代枠が5になると、やはり全然ちがいますよね。半分変わるんだもん。
次のスペイン戦どうなるか。
勝つのは結局何だかんだでドイツです!というオーラを取り戻してほしい。
posted by まつこ at 21:40| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月28日

2021年度

ギャング化するといわれる、4年生を担任しました。前回4年を持ったときは、暴れるヤンチャ祭りで、他の子がギャング化する余裕がなかったかもしれない(笑)。今年の4年は本当にいわゆるギャングエイジといわれるお手本のような事件を起こしてきました。保護者を呼んで話し合って気付いたら23時、みたいな。なかなか良い経験をさせていただきました。
が。
みんな本当に良い子達です。先生にとって良い子というのとはちがう。わたしは、わたしにとっての良い子なんて求めないし、私に言わせればすべての子どもが良い子達です……ん?
よくわからなくなってきた。
何が良いって、素直なんです。素直だと、ときに先生の言うこと何でも聞く方向になるけど、べつに聞かないし(笑)。納得いかなかったら「でも〜〜じゃないですか?」ってなる。普段も、「○○なんで●●しますね!」ってくる。
挨拶をよくするもんで、たまにほめると「先生、それ当たり前なんで」ってなる。こっちをバカにしている訳じゃありません!
図工で「先生これでいいですか?」ってよくありますよね。うちの子たちは描き終えたらおもむろに立ち上がり「みんな〜〜!わたしの絵見てーーー!どお〜〜〜?」ってみんなに聞く(笑)。「ちょっと上の模様が見にくいよー!!」「ありがとーー」ってなるから、わたしいらない。そうしろなんて指導してません。
なんてクラスだろう。
私は忍のように控え、子が「画用紙ほしいんですが」と言ってくれば画用紙を取りに走り、「カラーペン使いたいです」と言ってくればカラーペン取りに走る。
それでいいよなって思うのです。私は子どもたちに環境を与えるしかできないのです。与えた環境を使い果たした子どもたちでした。環境とは使い果たすものなのかわかんないけど(笑)。
そんな子どもたちは、最終日に私にサプライズをしようと計画しました。何か手紙くれようとしてる?程度はきづいていましたが、詳細は最後までわからず、のちに他の先生たちから聞きました。
まず、専科の先生にサプライズについての時間を話し合いたいから時間をくれと談判したそうです。だからやたらうちは理科が多かったのね〜。
で、まずは手紙の台紙の色を30分かけて話し合ったんだって。男女問わずたくさんの子どもが発言していて、居合わせた支援級の先生も「いい話し合いで、見られてよかった。」とのこと。私の服装やら好きな色、イメージなどから話は進んでいったそうな。すげーな、色決めでそんなに……。
で、さらに2組の先生に頼んで私を教室から連れ出す時間を作ったり。
さらにさらに驚いたのが、交流率0.2%くらいの支援級のミナミちゃんの手紙もあったこと。どうやってたのんだの!
それからそれから、不登校のワタルが登校できた一瞬を見計らって手紙書いてもらってるのよ。いつの間に?ずっとわたしといたじゃん……?
こんな……ミナミとワタルの手紙までもらえるなんて。紙の上ですがはじめて全員が揃った日になりました。本当にありがたい。教師やっててよかったな〜と改めて思いました。

≪今年度のメニュー覚え書き≫
算数……『学び合い』を。『学び合い』は、私はほぼ何も教えてないのに「先生の授業分かりやすい」となる謎の授業です。いや、良く考えたら謎でも何でもないのですが。子どもたち「この授業方法サイコー」とまで言い出します。『』に嫉妬。
国語……持ち上がりだったためプランあまりできず。「あっさり読み」は、やりました。夏前の読書単元はいつもあっさり。ポップづくりもわりと定番。漢字ドリルは再考の余地あり(各自で進めていますが、今年のクラスは終わらない子ども続出)。
社会……今年度はめちゃくちゃ研究しましたよ〜。研究授業しなきゃだったし、私の中のパターンが唯一なかったので。「質問づくり」でやるというパターンができました。質問づくりは今までもやってはいましたが、路頭に迷わないちゃんとした方法でできるようになりました。来年度は5年生だし、いろいろプランもやりたいから、どうしていこうか。
音楽……コロナで歌とリコーダーができない日々があったので、音づくりと鑑賞に力を入れました。楽しかった!
体育……自分でやってません。
道徳……「道徳読み」で一点突破。あ、SSTもやったわ。あ、《オリンピックと平和》もやりました。解説しつつなら4年生でもできるし、議論も活発になります。古代ギリシャとかローマとか難しいもんね。でもオリンピックと平和の関係というのはしっかり分かったようです。敢えて聞いてないが現在のロシアやウクライナのことはどう捉えたのかしら。聞いておけば良かったか。
今年度の授業書はこれだけかも……。《生類あわれみの令》あたりはやりたかったな。
あ!
《パイナップル》やりました!何の授業でやったかは、わすれた……。
posted by まつこ at 21:07| 茨城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月16日

17年の歳月

このブログ、2004年から稼働しているらしい……。
2004年て。
17年前じゃないですか。年齢を隠しているつもりだったけど、このブログの熱心な読者にはばれているんですね(読者などいない)。
テキトーに過去の記事いくつか読んでみたけど、3つ目の勤務校が嫌いだったらしいことはわかりました。なんかあったっけ?とりあえず、専科で入ったクラスが崩壊していたんだよね。しかし、今の私なら多分大丈夫なんだろなあ。
己の成長を感じますね。
「音楽教えてみたーい」
とか書いていたのに、今や人から
「音楽教えてくださーい」
だもん……。
あと、「理科を敢えて淡々とつまらなくやってる」って書いてたよ!うける!まあ崩壊していたからだろうけど。今なんて
子「オレは理科を愛している!こんなたのしい授業やってくれるまつこせんせいラブ」
だよ。昔の私に聞かせてやりたいよ。
今の私は、いかに毎日楽しく過ごすかが一番大切。
子どもが「楽しい」「理科愛」「まつこせんせいすき」とか、お家で言ってくれるだけで最大の時短ですよ。電話なぞ全然かかってこない。
時短のためにやっているのではないのですがね。
posted by まつこ at 22:03| 茨城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月06日

2021年ですね。

あけましておめでとうございます。
2020年は、逆パワハラなるものを経験いたしました。
教えても教えても「教えてもらってない」
聞いても聞いても「わかりません」
伝えても伝えても「聞いてません」
こういうのを逆パワハラというそうです。
でも初任ちゃんよ、申し訳ないけど教えた証拠・伝えた証拠をちゃんと日々残しておりましたよ。
一番うれしかったのは「まつこちゃんがそんなことするわけないしw」という周りの反応です。普段あんまり関わりのなかった大大ベテランさまがキレ気味で「あなたがちゃんとやってんのは、わかってるわよ(# ゚Д゚)」と言いに来てくださったのがすべて。
指導案もかけず、私のものをコピペという状況になりましたし、そもそも週案もかけないし、指導書も読めないのです。
倍率が下がるって、こういうことなんですよ。
向こうから見たら「パワハラされた」ということみたいです。そんなふうに訴えたみたいです。しかしながら「まつこ先生と組んでダメなら誰も組めねえ」という周りのご意見です。手前味噌ですがその通りだと思います(笑)。
これがシメタだね。私は優しい。

年始から愚痴になりましたが、学年自体は楽しいです。
おもしろい人たちと組めて毎日楽しいです。「このメンバーでダメなら誰と組めるんだよ」ってなもんです。
ついに理科も担当できているんです。やりたいほうだいです。

ヤンチャ氏「せんせーって、なんで普通の先生じゃないの?」
私「普通とか普通じゃないとか意味わかんないんだけど何が言いたい」
ヤ「だってさー、先生ってめっっちゃ俺たちのこと考えてくれんじゃん?なんで?」
私「たのしいから?」
ヤ「ふーん」
私「ってか普通の先生って何」
ヤ「〇〇先生」
私「……あったことないから知らないなあ(;'∀')」

ヤンチャ氏は〇〇先生のときに授業をボイコットしていたそうな。それがヤンチャ氏にとっての普通だったんだね。闇が深いなあと思いながら聞いておりました。俺たちのことを考えない先生がヤンチャ氏の普通なんだと。そして私はそうじゃないと。内心うれしいなあとも思いました。

組んでいるN先生が酔いに任せて言いました。
N「ボクはこの学年の来年が心配なんですう〜」
私「ふむ?」
N「だってまつこ先生とかボクとかY先生って、子どもの良いところを伸ばす派じゃないですかー」
私「うん?」
N「それで学年落ち着いてるじゃないですか。1年生のころはボイコットする子とかキレる子とかたくさんいたのに。来年ギューギューやるタイプの先生になったら崩壊しますよ( ;∀;)」

うーん。ギューギューやられても乗り切れるようなまとめをしましょ。
でも、子どもはかしこいのでその時その時の先生に合わせてやると思うんですけどね。ギューギュー細々派も必要なんだし。たぶん。そういう人がいてくれるからこそテキトー派の我々ものびのびできるんだよねえ。たぶん。

posted by まつこ at 14:55| 茨城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

夏が来る!

さて。
4月からどんな感じだったかというと、余所とあまりかわらぬのかと。
3月4月は刻一刻と状況が変化していましたね。
私「○日〜休校解除ならば、この単元はこうしてああして……」
ニュース「緊急事態宣言!」
私「数時間前に考えたら新しい年カリが無駄に〜(涙)」
これを繰り返してましたね!
夕方にニュースで知る!
その日4時からやった打ち合わせパー!

途中から分散出勤になり、自宅に教材をわんさか持ち帰り教材研究してました。
こんなじっくり教材研究できるなんて幸せ〜♪と、最初は思いましたが、教師の幸せなんつーのは、子どもと共にあるのだよ。いや、教材研究も子どものためにやるのだが、やはり生身の子どもたちがいてくれないとー!
課題ポスティングもしましたよ!しにそうでした。
6月からは分散登校になりました。同じ授業を何回もくりかえしています。
分散のグループなぞ機械的なものですから、ウチの子たちは見事に借り猫グループと猫ってかぶれるの?グループにわかれてしまいました。ろくに関係も築けぬまま授業してます。学級経営はしていない。していない……は、うそか。布石はほんのすこーしうってます。が、全員そろったらどーゆー化学反応がおこるんですかね?
全国各地の学校が、今年はどうなるんですかね?
色々あったからこそ意外とクラスが落ち着くのか、分散→分散解除のステップを踏み外して崩壊続出になるか。
どうなるのか、どんなベテランにもわからない。こわ〜。
個人の感触としては、猫をかぶれない子たちよりも、ここまでかぶってきている子たちのほうが要注意かな。ガマンしているんだものね。

子どもたち、たくさんガマンして、休み時間も遊べないような状況なので、今クールは散歩をしました。校庭ぐるり程度ですが、たぶん市内でいちばん校庭が広い学校なので。みんなのびのびしていました。ついでに理科の植物の勉強と称して雑草もぬきました。「根と茎と葉〜!」って、楽しそうでした。
授業時数がキュウキュウですが、気持ちのゆとりは忘れずにいきたいです。
posted by まつこ at 17:01| 茨城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

春が来た!

下のような記事書いたけど、いざ子どもが登校してきたらキュンキュンときちゃうのだからゲンキンなものです。
やっぱかわいいな!うちの子たち!
しっくりこなかったのは、そりゃ事実ですが、過ぎ去りし日々はかえってはこない。しかたない。1年1年勝負なところの、1年が終わるのだ。振り返りは大事だが、立ち止まることはできない。昔、センパイが「今年の子たちとはウマが合った!」と言っていたことがある。合う合わないあるよね、人間だから。でも、合わないけどかわいいな!と思えたのだから上々じゃないですか。
鬱々期をぬけだして、しっかり学級をしめよう。そしてまた新しいクラスでたのしい日々をはじめよう。

☆☆☆

前任校で3年間担任した子どもたちが、卒業します。短縮バージョン卒業式です。
短縮だからって、送り出す私たちの愛の深さは変わらないから、キラキラした顔で卒業していってほしいな。
本当に元気パワフルやんちゃな子どもたちだった。
給食や道具箱が宙を舞った。ハサミを私に向けて「先生を殺して俺も死ぬ」と言われた……。
A「オレ、低学年のとき酷かったよな」
私「うん、ひどかったね」
B「いや、オレの方がやばかった」
私「自覚があるので何よりです……」

保護者のみなさまと、「この学年どーなっていくんだろう……」と話した。
はい、明るく元気な高学年になりました!模範的な「イイコ」ではないのでしょうが……。でも、強くたくましく生きていけることでしょう!
卒業おめでとう!
posted by まつこ at 18:01| 茨城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

そんな1年もある

と、思い込みましょう。

今年度、異動しました。子どもたちの学力が概ね高く、保護者も協力的。高級住宅街の真ん中にある学校から、真逆のところへです。でも、そんなことは関係ない。どんな子どもでもそれなりにやれる自信はある。保護者も前任校よりかは淡白だが、クレーマーとかじゃない。だから保護者も関係ない。
自分自身の問題なんである。

ただただ、クラスの子どもたちとしっくりこないまま1年がすぎた。

3年間も受け持った可愛い子たちの後だからだ。
そこからうまく切り替えられなかったのでしょうなあ。
それから、我が子の入学と異動が重なり、ろくに準備できず突入したこと。春休みに毎年新ネタを仕入れて「早く試したいなあ」とワクワクしているんだけど、それができなかった。
今までの学校との学力のギャップにも対応仕切れなかったと思う。

異動あるあるだし、そんな年もあるよね。

しっくりこないと言っても、フツーに授業してきたし、それなりに楽しいこともしてきたんですよ。荒れたりとかしてないし。とゆーか、大人しいし。すぐ泣いたり、雨が強いと学校に来たくなくなっちゃう子たちが地味に精神にきましたけどね……。

1年がおわって、名残惜しくないのはじめてで、そんな自分がなんか嫌だし、教師やっててそんな気持ちになる人なんているのか?とおもっちゃうけど、まあそれはいるか。崩壊しないだけで御の字ということもあるのだなあ。びっくり。
しかし、他の方から見たら「子どもへの愛がすごいですネ」なんだから、わからんもんだ。いや、なかったよ、愛……。

コロナ休校のせいで考える時間がたっぷりあってぐるぐる反省してしまう。
3月は勉強もおわって楽しいことイッパイしようと計画していたから、終わりよければすべてよしモードで、あっという間に切り替えて新年度いけただろうに。コロナのばかやろー!
posted by まつこ at 00:52| 茨城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

もうすぐ夏休み

異動したんでした。
辛かったです(笑)。
連休明けくらいにやっとあきらめがついて、吹っ切れたんですけど、元々コミュ障なもんで。
でも思い起こすと前任校でも1、2年くらいは大人しくしてたもんな……。飲み会もいかなかったり。そう思うと今回はがんばってるぞ。
しかし、年齢層が、たぶん私がど真ん中で、私より上の人は3校以上のベテランだし、下の人は初任校だしで。上には敬語つかうし、下からは敬語つかわれるしで、馴れ合う相手がいません(笑)。管理職からも、おねえさんとして頑張ってほしいと言われたし。おねえさんって(笑)。
子どもたちは、いいこたちではあります。すべて私の言いなりになります。全部聞いてきます。何から何まで聞いてきます。突き放す日々です。自立がテーマです。勉強もできない。しかし「勉強が出来るようになりたい!」という気持ちも感じられない。
男子がとにかく大人しくて、嵐の日に学校休む子が複数います。すぐ泣きます。授業中指名すると泣きます。
子「◯◯がバカって言ってきました」
私「そう。で、それであなたはどうしたいの?」
子「……………………………」
とか、
私「これ、◯日に提出してって言ったよね?きみはいつ出してくれるの?」
子「……………………………」
これまで持ったことないタイプ。とにかく無言を通そうとするんですよ!「うっせえ」くらい言ってくれた方がやり易いわ!
これはこれで勉強になるなあとはおもいますが。
今まで何だかんだで私カラーのクラスになってきてたんだけど、今年はなかなか手強い。抑圧されてきた子たちなのかな、と思います。解放したいんです。がんばります。
posted by まつこ at 01:56| 茨城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。