2019年03月29日

年度末

まず、修了式。
うちの子たち、しんみりできないんで、ほとんどいつもどおりでおわりました。ただ、私が異動することを察した子たちが
「わたしが花束渡したい」
「いや私が」
と言い出したので
「くじびきにします。私が夜な夜な引きますから!では、かいさーん!」
で締めました(笑)。
しかし、何人かが放課後に教室に侵入して、黒板にメッセージを書いてくれました。
「まつこ先生はいちばんいい先生です。新しい学校でもそのままでいてね」
とな。
私がいちばんいい先生なのかはさておき(笑)。
いや、目の前の子たちに対しては、ボクの先生が一番いい先生だよって思わせてあげなきゃいけないと思うのですよ。本当にそうかではなく。うん。まあ、40人もいるから、私がキライな子もいるんでしょうが……いたのかな。私が気づいてないので、いたとしてもその子はえらいな。大人だな。

そして今日は、現任校ラストデーでした。
私は臨任が長いので、異動は、なれてるんです。そのはずだったんです。でも、長くいすぎたためか、朝玄関を出てからずーーっと悲しい(笑)。涙をこらえながら歩き、涙をこらえながら電車に乗りました。
思い出が走馬灯なんですよ。
あー、カケルに牛乳まかれた日はこの道を歩きながらさすがに泣いた……。
超アバレル君のママに来年は男の先生にしてと言われたとき、悔しくて泣いた。なんで護身術をならっておかなかったのだろうと……いや、うそです。

この学校にいる間に、たくさんの子たちが私にラブリーなおてがみをくれました。荷物を整理しているときに出てきました。
書いている子はバラバラなのに、内容には不思議と共通項があります。
それは、
まつこ先生はえがおで授業をする
たのしそうに授業する
ってことです。
わたしは、専門は算数です〜とかいうものがないし、めちゃくちゃ仕事ができるわけでもないです。でも、あれ?子たちが書いてくれたことを大事にしていったらいいんじゃないの?って思いました。私の専門はたのしそーに授業することです!って(笑)。
これって、すごく大事なことじゃん!
いつまでも、たのしくやっていきたいです。
posted by まつこ at 22:53| 茨城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

せんせいのいちにち

教師の1日を書いたパンフレットが炎上してる?ので、私のテキトーな1日を書いてみる。

8:00 学校着。10分前後することもある。着いたらお茶を飲みながら頭を使わなくてもできる授業準備や事務仕事をする。

8:30 掃除や朝学。掃除指導はあんまりガミガミしないようにしてるつもりだけど、子どもからしたらうるさいのかも。子どもが完璧に掃除なんて出来るはずがないということを常に頭にいれて、多少のことは目をつぶる。

8:50 授業スタート。一時間目はだいたい国語になるよう組んでいる。しかし月曜1時間目の国語は漢字やら再話やら、楽をする。テストをやったらその時間内に返す。40人学級だと結構つらいが、ここで溜めると放課後の時間がなくなるので頑張る。職員室にテストを持ち込まないのが鉄則。ノートもその場でチェックして返す。できないときも勿論ある。

2:30 五時間と六時間の日があるので日によって違うが、平均して2時半には職員室にいる。子どもはソッコー返す。極力居残りはさせません。授業中に課題が終わらなかったとしたら、こちらの責任。だから残さない。宿題として持ち帰らせない。私が残れと言うときは、それはもう子ども自身も納得済みのとき。
職員室におりたら、教材研究と事務仕事。しかし空き時間の方が職員室に人がいないので捗るので、のんびりやりますね。空き時間は「話し掛けんな!」オーラを出してオラオラガツガツ働いてます。放課後は会議も入るし。
だから「いつ仕事してんの?持ち帰ってんの?」とか言われる。持ち帰りません。持ち帰ってもできないもん。

5:30 退勤。保育園のお迎えです。だいたい6時半帰宅になります。

家で仕事をするとすれば、教材研究ですね。これは好きでやってるから苦でもないし仕事と思ってない。別腹。給料いらないやつ。これが指導案つくれとか、初任や実習生に見せるためにやれとか言われたら仕事になりますね。
成績の時期は所見を書くので、その時期は家でもがんばってます。

息子が生まれる前もだいたいこんな感じでしたねー。専科経験が生きているんですよ、これ。専科ってテストやったらどんどん溜まるし、返すの次の週になっちゃって「意味なくね?」と思って。その時間内で返そうと頑張ってたら丸付けがめちゃくちゃはやくなったもん(笑)。ノートも全クラス集めると職員室の机が大変なことになるし。初任者は初任校にいるうちに専科と支援級を必ず一度やるとかの決まりになったら、もうちょっと楽になるんじゃないかなあ。支援級なんて色々なクラスのやり方を知れて良いのに。
posted by まつこ at 22:54| 茨城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

白熱!

《日本の歴史入門》
お話が長い授業書ですが、すべての教科書授業が終わったのではじめました。色々悩んだのですが。《食べ物とウンコ》とかと。でも、ナナミちゃんの「先生〜なんで5年の社会では歴史がないのー?歴史がやりたい」という言葉で決めました。歴史好きな子どもが多いし、その子たちに、年号覚えて人物名覚えて満足してるんじゃないわよ!と伝えたいし。

江戸時代の終わりごろの人口を予想する問題でドラマが生まれました。歴史好きな子どもたちがドヤ顔で持論を語るんですが(←すごく熱く語ってくれ、授業大盛り上がりですよ)、そんな中、カンのみで戦っていたユウトがたった一人で正解。
これ、すごい衝撃が走りましたよ。問題の配列が絶妙すぎてやばいなって思いました。もちろんカンで当たった事実がすごいのではなく、塾やらで教わっただけの知識じゃ太刀打ちできない事実があるということをこの子たちが身をもって知ったということがです。
授業が終わってからも語り合ってました。さらに、いつも寝ているような子が「先生、続きいつするの?」とか言ってきました。夢中!

うちの自治体は理科は専科がいるので、科学の授業書はできません。低学年になったら生活科で出来るかな?程度。そこが辛いところです。もし原やったら、理科なんて凄く楽になるのになって思ってます。でも、社会科系もたのしいことが分かって良い一年でした。日本の気候のプラン、《世界の国々》《日本の工業》ときて、《日本の歴史入門》が出来ました。オリンピックがあるからオリンピックと平和とかもやりたかったなあ。でも5年生でこのくらいできたら良い方なのかな。

私はあんまり自分の能力に自信がないんだけど、私のクラスになったら1年間まあまあたのしくいけるよって保証はしてあげられるなと思います。まあまあがミソ(笑)。しかも自力で教材作ってる訳じゃないし。でも、自力だろうが他力だろうが子どもがたのしけりゃいいよねって思いますね。他力だけど、身銭切って勉強してるし。
拠り所があるといい。いまは色々な拠り所になりえる指導法なんかたくさんある。もちろん気に入らない団体さん、考え方もある。気に入るものを見つけるにはアンテナをはっておかないといけないよなーと。
あ、私的には読み聞かせも拠り所!毎日読み聞かせするだけで、あら不思議!クラスがふんわりまとまり、私のことも好きになってくれます!(笑)


色々なことを異動の年に思うのでした。
異動の年ってうまくいかなかったりするっていうじゃないですか。こわいんですよ……。臨採でさすらいの教師してた人は平気?わたし何気に次7校目なんですよ。さすらい期間が長かったもんで。異動は慣れてるはずなんだが……でもこわい……。
posted by まつこ at 22:19| 茨城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

あけおめです

明けましておめでとうございます。
息子がサッカーやってます。スクールとクラブチーム二本立てでして。私もサッカーママとしてデビューした2018年でした。新年も楽しみです。いよいよ一年生ですからね。息子、なかなかやるんですよ(笑)。毎週のように息子の試合を見に行く日々。しあわせとはこのようなことを云うのでありましょう。



二学期をふりかえっておきます。

うちはギャルクラスなんで、魔の11月にやはりいざこざありました。三学期は大丈夫なはず。

魔の11月は男子も不安定。
私「あ、ここ計算ちがうよ〜」
「うわああああああおれなんてどうせだめだあああああ(涙)」

出た!
この学年特有の
『どーせオレなんて馬鹿だから人生どーでもいいモード』!!!!
だいぶ減ったというか、あと数名で根絶できそうなこのモードですが、やはり魔の11月ともなると出てくるのね。

誰が名付けたか知らないけど、すげーな魔の11月!

【ふりかえり】
○国語
普通にやってますが、このクラスやたらとポップ作りが上手。「五年生になって国語がわかりやすい」発言も頂きました!私が路頭に迷わなくなったからです。この単元ではこれ!と決めて単純明快にできるように心がけています。

○算数
『学び合い』を参考に。ってか、「参考に」なんてぼやかさずとも私の中ではれっきとした『』のやつでやってます。そのつもり。
ほとんど子どもたちが勝手にやります。私は課題づくりに全神経注ぎます。課題さえちゃんとできたらあとは子どもたちがやるしかないんですよ。算数で生まれ〜て〜はーじめ〜て〜♪100点取れたと喜んでいる子がいました!

○社会
社会も『』です。課題づくりが大切。でも算数より課題づくりが難しいので、たまにみんなを路頭に迷わせます。路頭に迷ったときのケアが大事。最近は迷いません。社会はかなり成績が上がりました。底上げできてます。
授業書『日本の工業』もやりましたよ〜。子どもたちにはすごいインパクトだったようです。二学期は授業書はこれだけ。やはり高学年キツキツですね〜。『日本の工業』は、漢字テストで0点とるような子が1人正解ミラクル理由もバッチリ言えちゃったよ!ということが起こりまして、大好きになりました。

『学び合い』も仮説も、全然ちがいます……よ……ね?でもどちらも惹かれて大好きになったということは、私の中ではたぶん矛盾しないんです。どちらも「子どもは有能である」という考え方だし。子どもたちが喜ぶし。たぶん共通点があるんですよ、私の中では。私の中では、ですよ!!
2019年もたのしくいきたいと思います!
posted by まつこ at 23:09| 茨城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

TDR

今年は一泊二日でシーもランドも行っちゃおう企画しました。二日目のみパパ参戦。体力もつかのう。昨年は一日目スターライトでインパ、二日目はワンデーでインパでした。ちなみに今回ワンデー二日ぶん買いました。スポンサーチケットだと、その方が安いのです。スポンサーチケットありがたや。

【一日目】
6歳の息子とインパ。我が子、ゲームもおやつも無しでフツーに90分とか並んでられる子でございます。隠れミッキーさがしとか、しりとりとか、スプラッシュでは「この小さな家は誰の家だろう?」とか話しながら待てます。個人的にゲームしまくってるのは邪道だと思ってます。ディズニーの意味ないよね?そんな考えをもつ母親の子どもとしてパーフェクトです(笑)。

@アストロブラスター(スタンバイ50分)
列が動いていたのでそんな待った感じなし。アストロブラスターが出来てからずーっとL3止まりで悲しい。我が家のパパはリトルグリーンメンにそっくりです。本当にそっくりです。目は二つしかないですが。

Aフィルハーマジック(スタンバイ15分)
何度見てもホールニューワールドで涙腺がゆるみます。三列目真ん中は酔う。後ろから席が埋まりますね。

Bスプラッシュマウンテン(スタンバイ70分)

Cカントリーベアシアター(スタンバイ5分)
息子カンベア好き。クリスマス!

Dひるごはん
マイクメロンパンなど軽めに。

Eカリブ(スタンバイ30分)

Fパレード

Gモンイン(ファストパス5分)
ロズに話しかけられ息子かたまる。

Hスモワ(スタンバイ30分)
リニュ後、初。可愛いお人形になったディズニーキャラクターたち。またクリスマスバージョンも見たいな〜。

Iごはん
クイーンオブハートのところで。

Jジャングルクルーズ(スタンバイ20分)
夜だよね!やっぱり。

Kエレクトリカルパレード

Lホーンテッドマンション(スタンバイ30分)
ナイトメアバージョン大好きです。

Mダンボ(スタンバイ25分)
息子ダンボ好きだが、寒い。

Nハニハン(スタンバイ40分)

Oカルーセル(スタンバイ5分)

アストロブラスターとスプラッシュのスタンバイ時間逆かもしれない。でもこう見ると空いていたのね。ハニハンもマックス100分だった気がします。

【二日目】
パパ合流の二日目。トイマニFPとりたかったのにパパ遅刻により終了!合流までの30分ほど急遽おみやげタイムにしましたよ。

@レールウェイ(スタンバイ30分)
移動。でも多分これに乗ってしまったことでインディが140分待ちになった。

Aインディ(スタンバイ140分)
私、スタンバイ90分以上だと乗らないことに決めてるんですが、血迷って140分に並びました。多分、140分以上並びました。キツイ!寒いし。インディは大好きです。でもやっぱり90分の法則は守る方が良い。体力を奪われるわ。写真は最後列だと身長119センチの息子はうつりません(笑)。

Bおひるごはん
ユカタン。
C TOT(ファストパス10分くらい)
インディ140分のあとだからFPのありがたみが身に染みます〜。TOTじつに7年ぶりくらいに乗りました。以前のタワテラが結構恐怖体験でビビっていましたが、だからこそ「あら、こんなもんだった?」と、いい感じに乗れて楽しかった〜。

Dニューヨーク
かわいい〜!風キャンのおそれがありましたが、見られました。ミキにチューされまくって顔をあおぎながら去るミニさん最高かわいすぎる。

Eシンド(スタンバイ10分)
シンド好きだわ〜。

Fカルーセル(スタンバイ10分)
青ジーニーに乗れて息子うれしそう。初めてカルーセル行ったけど、イメージと違ったわ。ジーニー争奪のために大変なことになっていたらしいのは昔の話?むしろそんな話はなかった的な?

Gジャンピンジェリーフィッシュ(スタンバイ30分)
30分も待ってない。いつもシアター列のせいで存在感が薄くなるくらげさん。
私「これ、やってることはタワテラと同じだよ。そう考えたらタワテラなんて怖くないよ。タワテラもう一回乗ろうよ」
子「やだ……!」

Hラグーンシアター(スタンバイ45分)
45分も待ってない。列の切れ目がよく、正面三列目で見られました。前回リニュ後で正面後ろのほうで冷静に見ちゃったので、三列目いいですね。アリエルの可動域考えたら四とか五列目がベスポジかも。初めて見たときよりは良かったのだが、やはり人員削減感(?)はあるよね。フランダーとか以前のほうがよかったし。

I二万マイル(スタンバイ30分)
ドキワク感が一番だと思うの。センターオブジアースもストーリーが大好きなんだけど、個人的には二万マイルのほうがドキワクする。海底の不思議な魚、沈んだ船、宝箱に覆い被さるガイコツ。優しい海底人。お願いだからグッズ作って!

Jファンタズミック
リドアイルで座って見られました。ミッキーの今回こそやられちまうんじゃないか感が一番だと思います。心から応援しちゃう。

Kタートルトーク(スタンバイ15分)
キャストのお姉さんにものすごく優しくしていただきました。いい人!
クラッシュ、真面目に質問に答えてました。150歳!だてに長く生きてるわけじゃない!もうすぐ結婚するという子には夫婦円満の秘訣を説き、どうしたら彼氏ができるのか聞いた子には、まず自分を磨くことと答えておりました。

スタンバイの時間を見てわかるように、多分そこまでの混み具合ではなかった。しかし、最初のインディ140分を見て「今日は激混みなんだわ。しかたない」と、140分にスタンバってしまった。絶対もう少しスタンバイ短い時間帯があったはず。そこを見極めていたらなあと反省しておりますよ。一人でトイレとかに送り出せない子がいる場合、大人二人いたほうが楽ですねぇ。家族三人って初めてだったんですよ!寒かったせいか、インディ待ちで二回トイレに行きましたよ……。母子のみだとどういう対応になるんだろうか。


☆☆☆

そんなわけで一泊二日旅でした!
目一杯遊んで、帰らなくていいのはいいよね。別にそこまで遠くはなく、電車で一時間圏内なんですけどね……。年末ならではの贅沢ということで。
毎年、冬は息子と二人旅するんですよ。京都やら金沢やら松本やら。それを去年と今年はTDRにしました。定番化するかな。
posted by まつこ at 10:37| 茨城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

子どもが成長する瞬間 その2

下の記事のナオヒロくん!
2学期の成績ぐーーーんとアップしました!
1学期の成績は、オールB。
2学期は、なんとAが5つもつきました!
私はあゆみは『私からの愛』『3学期がんばるための材料にすぎない』から、ふりかえりが大切だと日々言ってます。

私「ナオヒロよ、なぜこんなに成績があがったんだと思う」
ナ「隣の人にちょっかい出さなくなったし、集中力が増したから?」
私「うむ。以前は、ナオヒロへの苦情申し立て処理でてんてこまいだったのよ。覚えてる?(笑)」
ナ「はい(笑)」
私「二学期に入ってから、あなたへの苦情はほぼない。良い意味で目立たなくなったよね。以前は一番前にあなたの席があると私もかなりストレスでした(笑)」←あまりに苦情がひどく、私の教卓のとなりの席になった。当人は「黒板もよく見えるし先生にかまってもらえる」と満足していたが、私はストレスで白髪が増えた(笑)。

ナ「その節はお世話になりました……」

私「このクラスで一番成長したのはナオヒロだよ。それは間違いない。学年、委員会その他諸々の先生たちが認めてるよ。あなたの、昔からの積み重ねで、あなたに対する風当たりがキビシイ人もまだいるけど、それはその子自信の課題でもあるから、ナオヒロはナオヒロで自分の成長をちゃんと喜びなさいね」
ナ「わかりました!」
私「ちなみになんで二学期こんなにがんばれたの?私は三日坊主になるかと思ってたのに」
ナ「なんとなくです(^-^)」

なんとなくなんとかなるなら、もっと前からがんばりなさいよ(笑)。前担任(初任)の苦しみがどんなだったか……。

いや〜でもすごいね!
成績にあらわれるんだね〜。

まだまだ変に強すぎる正義感とか嫌味な所が顔を出すこともありますが、グループづくりであぶれることもなくなりましました!たのしそう!
ナオヒロのいまの目標は「信頼できる友をつくること」だそうです。うん、このままいけば友だち作れるよ!
前々担任「いやー人って変わるんだね〜。そんな成長の瞬間に居合わせられて良かったじゃない」
前担任「ナオヒロを普通の子にしてくれてありがとうございます」
いや、わたしはなーんにもしてない。
ナオヒロおめでとう。
posted by まつこ at 14:09| 茨城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

子どもが成長する瞬間

暴言言いまくりで被害者意識も強くて、小さい頃から周りから嫌われまくりのナオヒロ。
夏休み明けに
「ボクは紳士になる!」
と宣言し、暴言を言わなくなりました。
私は(何日もつのやら。ってか反動がこわいし!)と思っていました。
しかし、

ナオヒロ「先生、今日のボクはいかがでしたか?」
私「うん、まあまあじゃない」

というやりとりが日課に。
低学年の頃から嫌われまくりだった一人の子どもの成長を目の当たりにしています。人間は進歩する生き物なんだよねえ。
しかし、身から出た錆で、ナオヒロはめちゃくちゃ嫌われているんです。
ナオヒロの変化を認めている子どもたちも勿論いますが、そんな変化すら「ナオヒロうざい」ってなる子どももいます。正直、当然なんです。

ナオヒロ「ボクに、まだ辛く当たってくる人がいます」
私「そんなん当たり前でしょ?あなたのこれまでのマイナスの積み重ねがあるんだから!それを1ヶ月やそこらで取り戻せるなんて考えが甘いよ」
ナオヒロ「……」
私「でも、ナオヒロを認めている子もいる。頑張っているって自学ノートに書いてくる子もいるし、学級委員の投票でナオヒロに投票した子もいる。その子たちの方を見なさい」
ここでナオヒロは泣きました。
えっ……あ……あのナオヒロが……!?

このことを職員室で話すと、みんな
「え?ナオヒロが?」
という反応なんですよ。
ナオヒロには頑張ってもらいたい。
未だに強く当たる子も、それで変わってくれるといいです。頑張っている相手にそれはないでしょ!ってことを言うんですが、なかなか難しいですね。その子自身も問題を抱えているから。

こういう風に子どもたちが大人になっていく瞬間を見られるのがこの仕事の醍醐味だな〜!

☆☆☆

遠足に行ったら、10年前にいた学校の先生と再会しました。
10年前というと、私が丁度臨採の仕事を始めたときです。
5年が荒れていたところに、私は専科で入りました。あとふたり臨採の同期がいて、担任と理科専科で入りました。懐かしいな〜。
当時は「担任やってみたかったなー」とか思いましたが、今となっては専科スタートで良かったなと思います。たぶん、私なら崩壊してたな。あの頃、「自分はそこそこやれるはず」って勘違いしていたもの。その後理科専科やって、初めて担任を持ち、女子の扱いを失敗したり、支援級やったりして今の私がいるんですよね。

この仕事を始めて10年経ち、まだまだな部分はもちろんありますが、それなりに成長したんだろうと思います。
多少のことでは動じなくなったし(笑)。
10年前に荒れていたところ以上にヤンチャな子たちをもっていますが、崩壊させずに持ち上がってるし(笑)。
昨日なんて授業中、他のクラスの子が乗り込んできましたからね……。
たのしい毎日を過ごさせてもらっています。ありがたいです。
posted by まつこ at 20:00| 茨城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

WM2018・2

ドイツvs韓国
いやー、ショックで。周囲が思っている以上に私ドイツ好きなんですよ……。
ザックJAPANかよ!とか突っ込みながらイライラと見ていました。
スタメンをスウェーデン戦後半にしてこなかった時点で……ヴェルナーワントップの時点で……覚悟しながら、でもやっぱ最後に勝つのはドイツなんじゃないんかとか見ていました。だって、一度も見たことないんだもの、ドイツのGL敗退。暗黒期って言われていたときだって何だかんだやっていたじゃないですか。
でも、やっぱ優勝国の呪いっていうか、呪い以前にだめだめすぎではありましたが、優勝国のプレッシャーとか、優勝時メンバーほぼ同じできた色々とかあるんでしょうねえ。相手は引いてくるし。
でもまあ、こうなったらある意味大鉈振るいやすいんでしょうし、それを前向きに待とうかなと思います……。レーヴ続投ぽいですが。

日本vsポーランド
私はあの時間稼ぎOKなんだけど、割りと叩かれていてびっくり。負けていたからなおさらなんでしょうが。時間も長かったし。叩いている人は、日本が潔く散れば良い的な考え?あの時点で運動量も落ちて得点の香りがしなかったし。私は「いやー、日本もこうやって決勝トーナメントをかけて時間稼ぎするよーになったんだなあ」と感慨無量でした。スゴイ話ですよ!そもそも全敗で帰ってくると思っていたし。予選は270分の戦いなので、よく戦い抜いたと思います。次がイングランドならもしかしての夢が広がったところですが、ベルギーなので現実的に考えてあれですね。でもいい戦いしてほしいです。
posted by まつこ at 22:15| 茨城 ☀| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

WM2018

ドイツvsスウェーデン
興奮覚めやらず結局完徹。イライラ、ドキドキ、トリハダ感情の振り幅でかすぎ。


初戦負けたので、ドキドキしながら見始めました。
守備がザルとかいってもさ、カウンターでやられちゃうとかさ、なんだかんだあるけど、やっぱ最後は勝ってくれる……よね……。
と思いながら。
前半開始数分で
「ほらねーやっぱね〜全然ドイツじゃん」
と安心したのに……。
だんだんイライラ。
ルディ→ギュンの交代を引っ張った挙げ句のクロースのわけわからんミスからの失点。決定機はずしまくりんぐで「ドイツもってない」的な発言きちゃうし。ドイツが「もってない」ってすごいよね。確かにもうクローゼやシュバ坊やラームはいないですからね〜。
後半からゴメス出てきて、やっとこさ落ち着いて見られるようになりました。得点のニオイ皆無だったドイツにロイスの得点!しかしここから本来もっと点入って良かったのに入らぬ。ボアテングいなくなっちゃうし。中盤のフォローおつかれさまだよ……。
もう終わったな……と思いましたよ。
ドイツGL敗退とか私見たことねーよどーすんだよ、と。
さすがにあきらめた。
そこへクロース94分ですよ。
あれ外したら終了ですからね、そんなところで決めちゃうってなんなの!
クロース大好き!!!!!
ってなりますよね冷静になると大ポカしてるんだけどねやっぱ大好きってなりますよね!!!!!
でもMOMあげるんかい!という。いや、あの94分のゴール決めただけで良いわね。鳥肌たったもん。
チーム勢いが出ましたね!
韓国戦ではたくさん得点が生まれるといいです。そして波に乗って決勝トーナメントに進む!
どういうスタメンになるのかな。ルディどうなったかな……。
posted by まつこ at 10:58| 茨城 ☔| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

マリちゃん

マリちゃんは、他者とのコミュニケーションが苦手な子で、アスペの診断も出ています。
算数の時間も、ワイワイ教えあったり説明しあったりするクラスメイトを尻目に、ひとりでポツーンと座っています。算数は苦手です。
4月から私はそれを「我慢だ〜」と思いながら見守ってきました。私がマンツーマンで教えたら、クラスメイトは来てくれなくなるでしょう。マリちゃんに必要なのは私じゃないんです。(学習面のフォローは別にしています)

クラスに対しては、「課題がみんなわかるようになる」「みんなっていうのは40人残らずみんな」「クラスメイトは敵じゃない。全員で力を合わせて算数と戦い、全員でテストの点数をアップさせる」ことを求めてきました。

そして、ついにカナちゃんがマリちゃんの元へ!
カナ「わかる?」
これまでのマリちゃんであれば、ぶっきらぼうに「わかる」と言っているはずです。本当はわかんないのに。
しかしこのとき、マリちゃんは「わかんない」と言ったのです。
私は見ていてめちゃくちゃカンドーしました。「わからない」って言うことはとても勇気のいることです。私のクラスになると、誰が何を得意で苦手かとかわりとオープンになって、「わかんねー」って言っても大丈夫になるんですが、壁をこえるまでが人それぞれで。サキというめちゃ勉強ができないのにめちゃプライドが高いお嬢さんがいるんですが、もうちょっとかかりそうなかんじ。
それはさておき、「わからない」と言えたマリちゃんは、カナちゃんに教えてもらうことができました。

カンドーはまだまだ終わりません。
翌日があるんです。
翌日、マリちゃんは、またひとりでポツーンしてたんです。
わたしは内心「おい、カナ!いけよ!」と思ってました。でもカナは行かない。
すると!
マリが……立ったのです!
そして、「これ、こうでいいかな?」と、色んな子に聞いてまわりはじめたんです。
もーもートリハダものです。どんだけそうやって他者とコミュニケーションとることがマリにとって難しいことか!
マリはこのクラスで成長していけると確信しました。大いなる一歩でした!
posted by まつこ at 19:15| 茨城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする